名言・格言で癒し

Sponsored Link

イチロー 名言・格言

 

 

イチロー画像

 

少しずつ前に進んでいるという感覚は、人間としてすごく大事。

 

練習で100%自分を作らないと、打席に立つことは出来ません。自分の形を見付けておかないと、どん底まで突き落とされます。

 

自分で無意識にやっていることを、もっと意識をしなければならない。

 

やってみて「ダメだ」とわかったことと、はじめから「ダメだ」と言われたことは、違います。

 

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

 

特別なことをするためには普段の自分でいられることが大事です。

 

何かを長期間、成し遂げるためには考えや行動を一貫させる必要がある。

 

「たのしんでやれ」とよく言われますが、ぼくにはその意味がわかりません。

 

Sponsored Link

 

準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく。

 

初心を忘れないことっていうのは大事ですが、初心でプレイをしていてはいけないんです。成長した自分がそこにいて、その気持ちでプレイしなくてはいけない

 

世の中の常識を少しでも変えるっていうことは、人間としての生き甲斐でもありますから。

 

僕は決して「打率4割」とは言わないんです。6割の失敗は許してやるわ、と。いつもそう言っているんです。

 

野球って、こんなに簡単なものなんだって思いません?だって、こんなにヒットを打てるところがあるんですもんね。

 

しっかりと準備もしていないのに、目標を語る資格はない。

 

今でもよく思うんですけど、「よくあれで打てたな」って。それはほんとに思いますね。

 

プレッシャーはかかる。どうしたってかかる。逃げられない。なら、いっそのこと(プレッシャーを)かけようと。

 

シーズンのことなんて、考えてないですよ。

 

12年間で2000本安打を達成する。

 

試合前にね、選手がファンの前でカラオケを歌ったってね、そんなことでファンは喜びませんよ。

 

夢は近づくと目標に変わる。

 

実際見るとラッキーのヒットだったって言う人って結構いると思うんですよ。でも、僕の中では全く違うんですよね。変化球が来ても、ヒットにできる。真っ直ぐが来ても、詰まらせてヒットにするっていう技術があるんですよね。

 

シンプルのじゃないとダメなんですよ。カレーの上にカツなんて考えられないです、僕。ありえないです。

 

気持ちよかったですね〜。もうね、ほぼイキかけました。…えぇ、すんません。

 

ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道

 

他人の記録を塗り替えるのは7割、8割の力でも可能だが、自分の記録を塗り替えるには10以上の力が必要だ

 

イチロー書籍はこちら「楽天」

 

打線が苦しいときには、守備とか走塁で流れをつくるのが野球の基本です。

 

あこがれを持ちすぎて、自分の可能性をつぶしてしまう人はたくさんいます。自分の持っている能力を活かすことができれば、可能性が広がると思います

 

プロ入りしたとき、2000本安打打てるようになれよとスカウトの方に声をかけてもらったことを思い出しますが、今日のことは、日づけが変わるまでには終わりたいと思います。次の目標は、次のヒットです

 

現時点ではまったく考えられないことです。その目標は、まだ遠すぎます

 

現役中に、過去のことを懐かしんではいけません

 

グラブはもちろん身体の一部だと考えています。外野手だから長いグラブを使っているのですが、指先まで神経が通らないと、感覚が麻痺してボールが捕れない。グラブの先まで感じられるグラブでないとイヤです

 

相手が変えようとしてくるときに、自分も変わろうとすること、これが一番怖いと思います

 

打てない時期にこそ、勇気をもってなるべくバットから離れるべきです。勇気を持ってバットから離れないと、もっとこわくなるときがあります。そういう時期にどうやって気分転換するかは、すごく大事なことです。

 

だれよりも自分が(自分の活躍に)期待しています。自信がなければこの場にいません。プレッシャーがかかる選手であることが誇りです

 

想像していた以上でした。間違いなく一生忘れることのできない日、そして最も特別な日になるでしょう(中略)ただ今日のことは今日で終わり、日付が変われば、また次の日のことを考えなきゃいけないと思います

 

何かを達成した後は気持ちが抜けてしまうことが多いので、打った塁上では「次の打席が大事だ」と思っていました

 

期待はいくらかけてもらっても構わないんですけど、僕は僕以上の力は出せないので、自分の力を目一杯出すしかないということですね

 

僕は仰木監督によって生き返らせてもらったと思っています。監督はたとえ数試合安打が出なくても、根気よく使ってくれました。その監督に感謝するためにも、いい成績を残したかった

 

(打率ではなく)ヒットを一本増やしたいとポジティブに考えるのです。そう思っていれば打席に立つのがたのしみになりますよね

 

どんなに難しいプレーも、当然にやってのける。これがプロであり、僕はそれにともなう努力を人に見せるつもりはありません。

 

壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。

 

努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。

 

キャンプでいろいろと試すことは、ムダではありません。ムダなことを考えて、ムダなことをしないと、伸びません。

 

メジャーリーガーの凄いところは、一度「あ、すごい選手だ」と認めたら、2,500本もヒットを打っている選手でも聞きに来ます。それが偉大な点ですね。

 

成績は出ているから今の自分でいいんだ、という評価を自分でしてしまっていたら、今の自分はない。

 

びっくりするような好プレイが、勝ちに結びつくことは少ないです。確実にこなさないといけないプレイを確実にこなせるチームは強いと思います。

 

特別なことをするために特別なことをするのではない、特別なことをするために普段どおりの当たり前のことをする。

 

苦しみを背負いながら、毎日小さなことを積み重ねて、記録を達成した。苦しいけれど、同時にドキドキ、ワクワクしながら挑戦することが、勝負の世界の醍醐味だ。

 

自分のしたことに人が評価を下す、それは自由ですけれども、それによって、自分が惑わされたくないのです。

 

自分が全く予想しない球が来たときにどう対応するか。それが大事です。試合では打ちたい球は来ない。好きな球を待っていたのでは終わってしまいます。

 

準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく。

 

進化するときっていうのは、カタチはあんまり変わらない。だけど、見えないところが変わっている。それがほんとの進化じゃないですかね。

 

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

 

人に勝つという価値観では野球をやっていない。

 

今自分がやっていることが好きであるかどうか。それさえあれば自分を磨こうとするし、常に前に進もうとする自分がいるはず。

 

そりゃ、僕だって勉強や野球の練習は嫌いですよ。誰だってそうじゃないですか。つらいし、大抵はつまらないことの繰り返し。でも、僕は子供のころから、目標を持て努力するのが好きなんです。だってその努力が結果として出るのはうれしいじゃないですか。

 

イチローの書籍はこちら!「楽天」

 

やってみて「ダメだ」とわかったことと、はじめから「ダメだ」と言われたことは、違います。

 

何かを長期間、成し遂げるためには考えや行動を一貫させる必要がある。

 

汚いグラブでプレイしていたら、その練習は記憶には残りません。手入れをしたグラブで練習をしたことは、体に必ず残ります。記憶が体に残ってゆきます。

 

妥協は沢山してきた。自分に負けたこともいっぱいあります。ただ、野球に関してはそれがない。

 

前向きに食事をし、前向きに買い物をした。何事も前向きに行動することが可能性を生む。

 

結果を出せないと、この世界では生きていけません。プロセスは、野球選手としてではなく、人間をつくるために必要です。


Sponsored Link