貴乃花 名言・格言

Sponsored Link

貴乃花 名言・格言

 

 

貴乃花画像

 

まだ真相が明らかになる前に協会が引退勧告とか解雇とか看板力士をおとしめるようなことをする必要はありません。これからどうすればいいか、みんなが協力し方向性を示し指針を出すことが大事だと思います。

 

もともと私は無愛想なもので、なかなか笑うことができないんですが、アドバイスっていうか、皆さんの前で笑えるようにさせてくれました。

 

民主的な公正な選挙はいつの時代も必要。無記名で行われたのだから、名乗り出るものでなくていいと思う。

 

自分が土俵に上がること、それは自分が進んでいく道ですから、他人にいろいろと議論されることもないですし、左右されることでもないと思うんです。

 

今でも相撲を愛しているのが誇りです。

 

既存のものを大切にしていく中から新しいものが出てきます。だが、私は弟子を育てることが基盤です。

 

現状に満足などできないのが人間の証しだから生きるのさ!

 

Sponsored Link

 

戻ることはできない。前に進むだけ。

 

若い世代に大相撲をもっと認知してもらいたい。自分ならできると思う。迷惑をかけるので一門からは出て行きます。

 

現状に満足などできないのが人間の証しだから生きるのさ!

 

ちょんまげ切ったらなにも無いじゃ困りますから。

 

学校でも何でも、最初の教育機関が重要な場所。このような立場(相撲教習所長)を与えていただいて感謝しています。やる気満々です。何度か、そういう(講義する)機会を与えていただけると聞きました。礼儀とか、シンプルなことを伝えたい。

 

自分自身の改革は常に必要だと思う。

 

誰が票を入れたという問題よりも、明日に向かってしっかり歩いていくべきでしょう。

 

今でも相撲を愛しているのが誇りです。

 

複雑な気持ちです。二所ノ関一門で長年やってきましたので、事実上の破門のような形で出るのはふがいないと思います。

 

心を鍛えるということだけが心を鍛える事じゃない。人とふれあうことも心の鍛え方だし、人に心を与えることもその一つ、「鍛えて,鍛えて」と思っていると、必ず疎かなものが出てきます。

 

恵まれた暮らしをしてきた人間など誰一人として存在しない。

 

現役時代、一番たりとも勝てると思って土俵に上がったことはない。そういった気持ちを忘れないようにしたいと思う。

 

非常にすがすがしい気持ち。心の底から納得しております。

 

疲れる間もなく日々を過ごしている。皆さんからの支援が糧になっている。

 

自分が土俵に上がること、それは自分が進んでいく道ですから、他人にいろいろと議論されることもないですし、左右されることでもないと思うんです。

 

逃げることもしないし、去ることもしない。

 

昨今、己のあり方や行く道を『プライド』と称して口にする人がいますが、私はプライドなど持ち得てはおりません。我が身に必要なものは『誇り』だけです。いつの日か夢や希望が叶うことを願いつつ、謙虚な心持で己を信じ、この国を守り続けたいと思います。


Sponsored Link