アイルトン・セナ名言・格言

Sponsored Link

アイルトン・セナ名言・格言

 

 

アイルトン・セナ画像アイルトン・セナ

1960年3月21日生まれでブラジル人のF1ドライバー彼の走りにはみんなが魅了され、日本では音速の貴公子などと呼ばれていた。1994年5月1日にはレース中に事故を起こして亡くなっている。ブラジルでは、セナは英雄の為。国葬が行われるほどの人物

 

僕は辞められない。進むしかないんだ。

 

この世に生を受けたこと、それが最大のチャンスじゃないか。

 

自分が感じていることは、正しくないかもしれない。もしかしたら、自分の五感すべてが間違っているのかもしれない。だから、常に自分をオープンにしておくんだ。あらゆる情報や、たくさんの知識を、受け入れられるように。耳を傾けて、新しい情報を、聞き逃さないように。そうすれば人間も、マシンも、徐々に限界を超えていけると、僕は信じているんだ。

 

理想を語ることは簡単だが、自ら実践するのはすごく難しい。だからこそ、とにかく、どんな時でも、ベストを尽くして生きなければいけない。その結果、うまくいく時もあれば、そうでない時もある。間違いを犯すこともあるだろう。でも、少なくとも、自分自身に対しては誠実に、そして、自らの描いた夢に向かって、精いっぱい生きていくことだ。

 

アイルトン・セナグッズはこちら!「楽天」

 

お金は不思議なものだ。持っていない人は持つことを熱望し、また持っている人はそのせいで多くのトラブルに見舞われる。

 

ある日ある時、人は限界を感じる 限界に向かって進み限界に到達するとこれが限界だと感じる。だが限界に達したとき自身に何かが起こり限界の向こう側に行くことがある 精神力や決断力、本能や経験で自分をとても高いレベルまで持っていける

 

アイルトン・セナ画像

 

ローランド・ラッツェンバーガーの事故死後「僕たちには制御し切れないものがある。僕は辞められない。進むしかないんだ」


Sponsored Link