矢沢永吉 名言・格言

Sponsored Link

矢沢永吉 名言・格言

 

 

矢沢永吉画像矢沢 永吉

1949年9月14日生まれのミュージシャンでビジネスでも成功した人です。推定資産は100億?とまで言われています。音楽だけでなく、イチローなども愛用する赤のタオルはファンの間では必須アイテムとなっています。それでは矢沢永吉さんの名言見ていってください。

 

最近勝ち組とか負け組みとか流行っているけど、スタート切っているかどうかが僕は大事だと思うけどね

 

負債と取り立て。こいつは苦しい。でもオレは負けない。何歳まで生きられるのか知らないけど、オレは役を与えられたんだ。矢沢永吉という役を。

 

お前がどんだけ良い大学入って、どんだけ良い会社に就職してもお前が、一生かかって稼ぐ額は矢沢の2秒

 

60才になってロックンロールやれる、ケツ振れる。その事に感謝しないで何に感謝だ

 

望むと望まないにかかわらず、なんだか生き方がドラマチックな方に行っちゃうんだよね

 

何かやれるものを持っているというのは幸せ

 

Sponsored Link

 

ドアの向こうに夢があるなら、ドアがあくまで叩き続けるんだ。

 

金も入った、名誉も手にした。だけど、寂しさは残った。おかしいじゃないか、オレは思った。そう思ってふと見ると、幸せのレールは隣にあった。オレはそのレールに乗っていなかった。それから矢沢の幸せ探しが始まった

 

世の中で大成した人ほど、臆病だと思う。臆病というのは本当は奥深いものだ。だって、臆病っていうのは、ある種のレーダーじゃないか。臆病なやつは、常に怖いから、次にどうしなきゃいけないか、必死で探る。探す、調べる、緻密に計算する。

 

1のリスクしか無い事はしない、10のリスクが有る事をする。達成すれば10の成果が有る。

 

人間ていうのは、必ずドアを叩かなきゃいけない時がくるのよ。その時、叩くって勇気いるよね、怖いしさ。どうなるのかなんて思うけど、そこで分かれるよね。叩く人間とそうでない人間に・・

 

 


Sponsored Link