辰吉丈一郎名言・格言

Sponsored Link

辰吉丈一郎名言・格言

 

 

辰吉画像辰吉丈一郎

1970年5月15日生まれでプロボクサー愛称は浪速のジョー
当時の世界最速でのプロ8戦目での世界王者になった男で、今でもファンは多い。また、辰吉の子供の寿以輝もプロボクサーになるなど。家族そろっての世界チャンピオンを目指す

 

自分の人生、色を塗るのは、自分だけですからね。自分に惚れる。自分を信じる。それしかないですわ。

 

やっぱり自分のしたいことをして、結果も残したい。自分の人生を全うしたい。そのためには努力しなければならない。その道が楽であるはずがない。

 

たとえ小さなことでもいいから、やれることからやって、少しずつ前進していけばいい。

 

笑って死ぬためには、今を一生懸命生きるしかない。

 

夢や目標がどれだけ人の人生を、豊かにしてくれるか、ボクは貴重な体験を通してつくづく思う。

 

Sponsored Link

 

人はいつか必ず死を迎えるわけで、他人の目や評価を気にして生きても一生、自分の好きに生きても一生。だったら、思いどおりに生きてみたい。

 

他人が何を言おうと、それでおまえの人生が、最高やったらエエがな。

 

自信には裏づけが必要だ。そのためにはトレーニングをするしかない。

 

辰吉画像

 

人間って、本当に苦労している時は、苦労なんて感じないのと違います?一生懸命やってたら、夢中になってたら、自分では気づかないものでしょう。苦労したと思っている人は、本当は苦労してないんですよ。

 

自分の意志で行動して自分のために試合をして、それで結果が伴わなかったとしても、下を向くことはない

 

負けたくないという言葉は好きじゃない。勝ちたいはまだいい。けど本当は勝つんだという言葉が一番好きだ。

 

人としてもっとも恥ずかしいことは、十分な準備をしないまま事に臨んだり、逃げ出したりしてしまうことだ

 

 


Sponsored Link