デビット・ベッカム名言・格言

Sponsored Link

デビット・ベッカム名言・格言

 

 

デビット・ベッカム画像デビット・ベッカム

元サッカー選手でモデルである。特にファッションや髪型は多くの日本人に影響を与えたベッカムカットが流行った。私生活では1999年にスパイス・ガールズのヴィクトリア・ベッカム(旧姓アダムス)と結婚した。

 

不安はいつでも存在するものだが、ユナイテッドのようなクラブでプレーする限りそれは一刻も早く消し去らねばならない。さもなくばプレッシャーに押しつぶされるのがオチだ。

 

ぼくは練習の中身を毎日変えるのが好きだ。ちょっと退屈すると裸足でフリーキックの練習をしてみたりする。もっと若い頃にはよく裸足でボールを蹴っていたもので、これはボールの感触を確かめるのに役立つ。ユーロ2000の間、練習中のぼくのそんな姿を見た代表チームのフィジオは気に入らなかったと思う。でもそれはぼくがずっとやり慣れてきたことなのだ。

 

ぼくは水曜日の夜、日曜リーグのフットボールチームと練習するのがそれはそれは大好きだった。一度、母と父が何かの罰として練習に行かせてくれなかったことがあった。もう死にそうな気分だった。あれほど厳しい罰は後にも先にもなかった。

 

フリーキックでぼくが用いる鞭を打つような動作は、ずっと練習してきたことだ。生まれながらの能力だとは思っているが、それでももっとうまくできるようにハードな練習を欠かさない。このテクニックが得意なデニス・アーウィンとアレッサンドロ・デル・ピエロもきっと同じだと確信している。

 

ぼくがロングシュートを決めると、よく人々はまぐれだと言うが、それは違う。ぼくは小さい頃からロングシュートを撃つ練習をしてきた。

 

Sponsored Link

 

何かを必死でやりたいと思えば、道は開けていくものだ。

 

ぼくが望んだことのすべて、それはフットボールを蹴ることだった。それ以外のことは頭になかった。

 

 


Sponsored Link