ゴルゴ松本 名言・格言

Sponsored Link

ゴルゴ松本 名言・格言

 

 

ゴルゴ松本画像ゴルゴ松本

日本のお笑い芸にで命のギャグは今や日本人では、知らない人はいないほど一世を風靡した人物である。

 

「女」が土「台」となって「始」まりとなる。俺ら男は、女の人を粗末にしちゃ絶対ダメなんだ。

 

「命」は、人を一叩き(ひとたたき)と書く。殴ったり蹴ったり、人を痛めつけることで命を感じる。これは大間違い。寝てる時、無意識の時、今も叩き続けている心臓。心臓の一叩きの連続が命。

 

苦難、困難、が無い人生は「無難」…つまり退屈な人生したがって「難」は有った方が良い難が有る人生は「有難い」のです

 

「逃」は、しんにょうに兆し。しんにょうを手ヘンに変えて「挑」挑戦するんだ。

 

Sponsored Link

 

はたらく=らくと言う文字が入っています。しかしこのらくは自分が楽するものではありません。はた・らく=傍ら・楽なのです。どういう意味かと言うと、「自分が一生懸命働けば周りの家族や社員、社員の家族を楽にさせてあげることができるよ」と言う意味なのです。

 

壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。

 

ゴルゴ松本命の授業書籍はこちら「楽天」

 

人は愚痴をこぼす生き物です。ただ良いことも言える生き物です。最初は自分を知るために良いことも、悪いことも、言葉に表して吐け。そうすることであることに気づくようになる。だんだん自分を知り、善悪が判断できるようになり良いことだけを言うようになっていく。善がプラスで悪がマイナス。マイナスが取れたそのとき夢は”叶う”んだ。

 

 


Sponsored Link